安全マネジメント教本動画制作の流れ

HOME | 安全マネジメント教本動画制作の流れ
バス運転手の教材制作の流れ

教材制作の流れ

バス運転手教育訓練教本・動画DVD制作の流れ

1)打ち合わせ
基本となる運輸安全マネジメント〜接客・接遇マナーに至るまで、弊社がすべてを提案します。 貴社は、消去法で必要の無い項目を削除していただく制作手段となります

貴社の企業理念、いまの運輸安全マネジメントの取り組み、重点施策などをお聞きし、運転手の任務・乗務員服務規程に のっとった教育訓練教本の制作に入ります。

2)打ち合わせ〜制作準備
消去法で必要の無い項目を削除していただいた教本ベースの再確認をいたします。 教本ベースは、DVD動画の基になります。

DVD動画に起用いただく運転手さまの候補をあげていただきます。 ※当社の教育訓練教本および教育動画は、役者やモデルではなく、貴社の運転手さまにモデルとなっていただきます。

3)制作〜確認
教本ベースを基に、必要な項目の動画撮影に入ります。 ここでは、項目ごとのチェックが重要となります。

運転手さまのセリフの台本をすべてご用意いたします。運転手さま主体の撮影となるよう心がけ、貴社の社員に伝えたい 安全に対する思いの熱量が、教育現場に届く教育教本と教育動画を目指します。

4)制作〜確認
教本と動画の連動性の確認チエックをしていただきます。 動画の確認チエックをしていただきます

ここでは、実際に、新人教育などの教育現場でご使用いただき、修正されることをお勧めいたします。 ※使用後に、教育動画にご協力いただいた運転手さまが、ご都合により起用できなくなった場合には、変更も可能です。

5)制作〜確認〜ご納品
教本と動画の連動性の再確認チエック後、納品となります。


オンライン教育訓練動画配信ご希望の場合
教本、DVD納品後、二週間程度で、ご使用可能となります。